施術後は車に乗らない

注射を打つ人

体調がよくない時は車に乗らない

腫れぼったい目元で悩んでいたり、寂しげな印象の一重瞼がコンプレックスになっている人が多いです。目元は顔の印象を大きく左右するので、くっきりとしたきれいな二重瞼に憧れている人が増えています。水の森美容外科では、インターネットのWEB上や電話から予約が出来ます。無料カウンセリングを行っているので、目元の悩みを相談すると良いでしょう。水の森美容外科では、切らない埋没法や切開法などの二重整形の施術を行っています。二重整形を受けた時は自動車の運転が出来るか、知っておきたい人が多いです。埋没法や切開法などの二重整形は、痛みを軽減するために局部麻酔を行う必要があります。日帰りで治療が受けられますが、施術を受けた当日は自動車の運転は出来ません。美容外科に行く時は、友人や家族に乗せてもらったり、タクシーや鉄道などを利用すると良いでしょう。埋没法は瞼の裏側から、細い糸を使って二重の幅を作る方法です。切開法に比べると腫れやダウンタイムが少ないですが、施術後はしばらくは自動車の運転はしないほうが良いでしょう。通勤や通学などで自動車が必要な場合は、医師に相談することが大事です。大学生などは夏休みや春休みなどの、長期の休暇を利用するのがお勧めです。

埋没法の二重整形は、腫れやダウンタイムが少ないですが、糸が切れてしまうことがあります。半永久的な効果を期待する場合は、目頭切開や全切開法などがお勧めです。切開法は目尻や目頭などを、切開することできれいな二重になれます。埋没法と違って、一重瞼に戻る心配はありません。水の森美容外科では、カウンセリングに時間を掛けてくれるので、最適な二重整形の方法を選ぶことが大事です。切開法はメスで切除をするので、埋没法に比べると腫れが強く出たり、ダウンタイムが長くなる傾向があります。施術を受けた当日や、数週間は自動車の運転はしないほうが良いでしょう。主婦や大学生、社会人などは、長期の休暇を利用して施術を受けるのがお勧めです。水の森美容外科では、二重整形のメリットを説明してくれます。施術後のアフターケアが丁寧なので、痛みや腫れが出た時はすぐに対応をしてくれます。数週間を経過すると腫れが目立たなくなり、くっきりとした大きな瞳になれます。目元の美容整形を受けた時は、運転に支障をきたすことがあります。自動車に乗る時は、歩行者や対向車などに気を配りながら走行をしなければなりません。健康な人でも体調が悪い時は、ミスをしやすくなります。痛みなどで体調が優れない時は、自動車に乗らないことが大事です。埋没法に比べると切開法は費用が高めですが、きれいな二重のラインを作りたい人にお勧めです。

Copyright© 2020 きれいになりたい人から注目の美容外科クリニックがある All Rights Reserved.